1個から買える容器通販サイト
<税込11,000円以上で送料無料>

需要高まる、冷凍弁当

コロナ禍において、時短要請や、営業自粛などが繰り返し続くなか、飲食店や食材を扱う企業や店舗には販売ルートの開拓や、販売方法の変更が求められてきています。
そんな中、新たな販売方法として近年注目されているのが、冷凍自動販売機です。街中で見かけることも増えたのではないでしょうか。例えば、サンデン(株)の「ど冷えもん」、富士電機(株)「FROZEN STATION」をよく見かけますね。テレワークなどの働き方が増えたことで冷凍食品の需要自体も高まっています。
冷凍自動販売機を導入することで、食材ロスの軽減、非対面・非接触で24時間販売可能、人件費削減など多くのメリットが挙げられます。

冷凍弁当の販売をご検討中の方へ、弁当パックでは4点留めの全周かん合蓋仕様で、汁漏れしにくい、「TAシリーズ」の容器をオススメいたします。たれやソース、ドリップが漏れにくい。高級感のあるデザイン・掛け紙を巻きやすい・開けやすいなど、こだわりの詰まった設計です。
冷凍自動販売機での利用には、170サイズ(外寸:205×140×50)をオススメいたしますが、他にも200サイズ(外寸:237×140×50)、140サイズ(外寸:173×140×50)の3サイズのご用意がございます。カラーは赤、白、黒、金の4色展開。お弁当からお惣菜まで、様々なメニューに対応しており、勿論レンジアップOK。冷凍弁当での採用実績も多数!ぜひご活用くださいませ。

冷凍弁当

冷凍弁当におすすめ!
アクタのTAシリーズ

●170サイズ(外寸:205×140×50)

●200サイズ(外寸:237×140×50)

●140サイズ(外寸:173×140×50)

ラインナップ一覧はこちら