「プラスチック資源循環促進法」
ご存知ですか?

最近、以前にも増して環境に配慮する取り組みが進んでいると感じませんか?

それは、2022年4月に新しい法律「プラスチック資源循環促進法」が制定された影響があります。

プラスチック製品は街中に溢れていますが、今回の法律で特に対応が求められているのが飲食業や宿泊業などの事業者。
特定プラスチック製品とカテゴライズされる、プラスチック製のカトラリー類、宿泊業者のアメニティ類、クリーニング店などの衣類用ハンガーやカバー類など12品の無償提供の見直しが求められています。
これらの製品について、今までは無条件に、不要な方にまでも配布されている状況が多々見受けられていましたが、今後は有償化、使用を辞退された方への特典提供、使用の意思確認、繰り返しの利用を促すことなどで、資源の無駄を減らしていくことが求められています。

プラスチック製品

「誰かがやればいい」ではなく、「自分がどんな製品を選ぶか」

エコが叫ばれ、モノが溢れる時代、1人1人がどんな製品を選ぶかが非常に重要になっています。
環境に配慮したもの選び、はじめませんか。
現在、弁当パックで取り扱いのある、”プラスチック使用製品設計指針”に基づく製品づくりをしている、メーカーの商品をご紹介します。
SDGsの取り組みにも最適。まずは身近なところから減プラを。

PHカートンワン折重シリーズ

従来品の一部を紙にチェンジ。従来品に比べ約40%プラスチック使用量を削減しています。

PHカートンワン折重シリーズをもっと見る

テーパーBワン折重シリーズ

従来品の一部を紙にチェンジ。従来品に比べ約30%プラスチック使用量を削減しています。高級感があります。

テーパーBワン折重シリーズをもっと見る

ワン折ハードシリーズ

一部をリユースすることで、従来品に比べ約40%プラスチック使用量を削減できます。使い捨て部分だけのリフィルの販売もしています。

ワン折ハードシリーズをもっと見る